イタリア旅行1日目〜成田からミラノへ〜

成田空港へ

  • 2019年6月25日、朝5時起床。6時40分の送迎バスで成田空港へ向かう。
  • まずは空港まで送ったスーツケースを取りに。QLライナー。ほかに頼んでいる人があまりいないようで、スムーズな受け渡し。帰りの分もぜひどうぞと伝票をもらう。

  • 次にWi-Fiルータをレンタル。専用ロッカーにQRコードをかざして受け取るんだけど、ロッカーのそばに長蛇の列が。もしかしてロッカー壊れてる?と思ったけど、ロッカーに入り切らない分は窓口引き渡しだそうで。300個以上ロッカーあったけど、それでも足りないんだね。ちなみに今回利用したのは「フォートラベル GLOBAL WiFi」。1日360円くらいでした。

出国まで

  • 8時00分、チェックイン。8列席の「○○ ○●●○ ○○」しか空いておらず、プレミアムエコノミーにアップグレード(当日4万円払えばできる)しようにも、1席しかないと言われ断念。。
  • 8時30分、ツアーデスクへ。添乗員のSさんと初対面。今回のツアーが6人しかいないことを知る٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
  • 8時45分、6万円をユーロに換える。475ユーロ。半端な小銭が日本円で返ってきた。

  • 9時00分、再度プレエコアップグレードにチャレンジも、撃沈。エコノミーで通路側にキャンセルが出なかったかと聞いてみるも、空いてはいないとのこと。
  • 9時15分、荷物を預けて出発ロビーへ。パスポートをかざして自動顔認証の出国審査に驚き。アメリカ行きと違って、手荷物検査はゆるかった。
  • 9時40分、母、免税店で口紅購入。*1
  • 10時10分、搭乗口へ。


ヘルシンキ

  • 10時40分、定刻出発。滑走路渋滞で離陸は時間がかかったけども。
    • エコノミーだけど、足元も横幅もかなり広い!JAL SKY SUITEなる機体で、母娘(両方ともデブ)の隣が女性だったこともあるけど、こりゃプレエコにしなくてもかなりいい感じ!
  • 11時00分、隣の島の男性2人が座席を倒す倒さないで揉めだす。スッチーの偉い人が来る。
    • この人たちが同じツアーの人たちだったらどうしよう、と本気で心配した。
  • 12時30分、昼食。3色丼。かぼちゃのサラダにレーズンが入っている罠。

  • 13時00分、おやつの2色ケーキ。美味。

トランジット

  • ヘルシンキとイタリアは1時間の時差。もうここまで来ると何がなんだかわからない。
  • 今回のツアーの参加者が、自己紹介とかはなかったけどなんとなく顔合わせ。おしゃれ夫妻、一人参加のおじ様2人と私達母娘だけ。
  • 入国審査はフィンランドで。日本人と韓国人だけ優先レーンで、パスポートを機械で読み込み、機械で写真を撮られる。スタンプがパスポートの反対側のページに押されてちょっと嫌だった。

  • それほど時間もなかったので、お店に入る余裕もなかったけど帰りは時間がありそうだから見たいな(マリメッコなんて日本でも行ったことないけど)

ミラノへ

  • ヘルシンキからミラノ行きのチケットを母破損。しかもちょうどバーコードのところ。カウンターで手続きしてもらおうとすると、私たちの席はちょうど非常席だったらしく「Can you speak English?」と。母と隣の席だった娘、自信を持って「NO!!」(座席は後ろの方へ変更になった)
  • 現地時間16時10分、フィンエアーにてミラノ・マルペンサ空港へ。
  • CAさんの制服も北欧ぽくて可愛い。ネイサン・チェンの2019WCのSPキャラバンぽいとも言える。
  • フィンエアー。機体がボロい。ブランケットも使い古されてゴジゴジでクサい。しかしマリメッコだった。

  • 3時間ほどでマルペンサ空港に到着。現地時間18時00分。
  • 荷物の受取。早速イタリアの洗礼、待てど暮せどターンテーブルが回りださないの図

  • 20分後、ロストバゲージもなく無事にポーターさんが受け取って、バスまで運んでくれた。

ホテルへ

  • 参加者6人と添乗員さん1人の7人しかいないのに、40人乗りくらいの大型バスがきた。
    • マルペンサ空港からホテル(ミラノ郊外)までは約1時間。日が沈まない。
  • 19時50分、ホテル着。蒸し暑い。

ホテル グランド ディカ ディ マントヴァ

  • レセプション・レストランと宿泊棟が結構離れてる珍しいデザイン。
  • ショッピングモールがすぐ隣にあったので、中のスーパーに行きました。結構広い!お惣菜も充実。添乗員さんに会ったので、量り売りのエビのフリッターとイモのジェノベーゼを100gずつ頼んでもらった。(エビのフリッター美味しかった)


  • お部屋はシンプルなツイン。シャワーの勢いかなり強い、壁に備え付けのドライヤー◎、排水全然ダメ、バスタオル巨大。

   

  • バスタブ付きだけど、シャワーカーテンが存在しなくてバスタブの半分くらいにガラスの仕切りみたいのがあるんだけど、ほとんど意味をなさなくてバスルームの床が浸水。100均で買ったプラスチックのスリッパ持っていってて本当によかった。
  • 机の端に向かって斜めになっている変なデザインで、ものを置いてもすぐ床に落ちていちいちストレスだった。

*1:実はこれ海外旅行の恒例で、毎回ディオールの口紅買ってる

*2:娘は過去に台湾行きチャイナエアライン機内食にあたって台湾で救急病院に運ばれた前科アリ

にほんブログ村 旅行ブログへ