ガイドブックはどうしよう

旅行は予習も楽しい

実際の出発は2019年6月末ですが、出発までまだ半年もあるのに年明けから早速準備に取り掛かります。
まずはガイドブック。手始めに「るるぶ」を購入。これまでの旅行でもなじみのある雑誌式のガイドブックで、写真も多くてイメージがわきやすいです。

るるぶイタリア'20 (るるぶ情報版海外)

るるぶイタリア'20 (るるぶ情報版海外)

ただ、今まで行った香港や台湾と違って一口に「イタリア」と言っても見どころが多すぎて、なんとなく情報が浅いんですよね。
それで調べてみたのが海外旅行の王道「地球の歩き方」。図書館に行くとイタリアだけで5冊に分かれてる・・・!借りてきて読んでみると、「地球の歩き方」って王道ながら旅行慣れした上級者向けのイメージがあったんだけど、読者からの投稿など読み物はむしろ初心者にもやさしく、生の声が丁寧に掲載されています。
フィレンツェの自由時間は、オプションで「ピサの斜塔」を見に行く半日ツアーに申し込みをしていたので、主に知りたいのはローマ。ということで「地球の歩き方 ローマ2018~2019」も〇ルカリで購入。
A10 地球の歩き方 ローマ 2018~2019 (地球の歩き方 A 10)

A10 地球の歩き方 ローマ 2018~2019 (地球の歩き方 A 10)


さらに本屋さんで立ち読みしていてコンパクトで持ち運びによさそうだった「タビトモ ローマ・フィレンツェ」と女子旅に必須(?)の「ことりっぷ イタリア」をメ〇カリで購入(笑)
旅行本って出発前の旅行者には必需品だけど、旅行が終わると必要なくなるものですものね。

ローマ・フィレンツェ (タビトモ)

ローマ・フィレンツェ (タビトモ)

ことりっぷ 海外版 イタリア (旅行ガイド)

ことりっぷ 海外版 イタリア (旅行ガイド)


他にも売り物の本を読みながらお茶ができるカフェで2、3冊チラ見。
読んでて気づいたんだけど、かわりようのない観光名所の基本情報などを除いては、結構本によって視点が違って面白い!
ということで、メル〇リで追加でさらに「ララチッタ ローマ・フィレンツェ」と「aruco イタリア」の2冊を購入(笑)

ローマ・フィレンツェ (ララチッタ ヨーロッパ 1)

ローマ・フィレンツェ (ララチッタ ヨーロッパ 1)

合計6冊も買ってた!(うち5冊は中古ですが・・・)
まあ下調べが大切ということで。特にお土産等のお店情報などは本によって全然違うから、それぞれの本がそれぞれにとても参考になりました。
持ち歩きようの地図も、それぞれ書き方が微妙に違って見やすさに好みがあるので、あっちの地図をこっちに同期して・・・なんて作業も楽しい。
どのガイドブックを選ぶかは本当に好みだと思うので、とりあえず手にとって自分に合った情報がわかりやすく書かれているものがいいと思います。
でもこれはイタリアに限らずだけど、個人的には何冊か読み比べるため複数買いするのをおすすめします。メルカ〇使えばかなり安く手に入りますしね(笑)

にほんブログ村 旅行ブログへ