イタリア旅行6日目〜ローマ自由行動〜

自由行動と言われましても

ローマでは丸一日自由行動。
昨日のコースに入っていなかった真実の口とスペイン広場、フォロ・ロマーノに行こうかな〜と日本では漠然と予定していたんだけど、ルートや足のことなんて一切考えてなかった。*1
前日、おしゃれ夫妻もおじ様2人も真実の口に行くというから、一緒に行こうかという話に。そしたらなんと添乗員さんもサービスで着いてきてくれることに(っていうか連れて行ってくれることに)
最後の夜はせっかくだからみんなで一緒に食べましょうってことになってたんだけど、結局朝から一緒になりました。

真実の口

9時半オープンだったから、ホテルに9時にタクシーを呼んで2台に別れて出発。
9時10分くらいに着いたら、韓国人の先客が。
勝手なイメージで四方を囲まれた場所にあるのかと思ってたら、鉄格子はあるけど普通に外から見えるのね。

娘、鉄格子から手を入れて写真を撮るの図。


日陰だからまだそれほど暑くなく、なんとなくおしゃべりしてるうちに9時半。係のおじさんが出てきたのが9時31分で、ゲートが開いたのが9時33分。6日目にもなると慣れました。イタリア時間。
2ユーロ必要って書いてあったけど、気持ちでいいようです。教会ですからね。母娘は2人で2ユーロ寄付箱へ。
添乗員さんが写真を撮ってくれたから、ばっちりなショット!ニコニコバージョンと、喰われて痛いバージョン。ここには載せないけど、傑作です。


写真が撮り終わったら教会の中へ。今まで見てきたきらびやかな教会とは違って、地味なんだけどそれはそれで趣があって良い。0.5ユーロで蝋燭に火を灯せたから、またイタリアに来られるようにお祈りしてきました。

カピトリーノの丘

その後バスに乗って*2カピトリーノの丘へ。コロッセオの反対側だから、フォロ・ロマーノが見える!
このときにはすでに日差しがかなり強くなってて、暑い。この日も安定の36℃ですから、丘の上からフォロ・ロマーノ見れたし、満足!!という全会一致で、次はスペイン階段へ。

スペイン広場

スペイン広場までもバス。イタリアのバスは地下鉄とチケットが共通で、バスの中にある機械に自分で通さないといけないらしく。ガチャンとしてるうちに発車してよろける一行。


石畳を爆走するバス。すごいぜイタリア。バス停から少し歩いて、スペイン階段へ。これ『ローマの休日』がなかったら絶対こんなに人いないんだろうな…ただの階段だもんな…トレヴィの泉ほどではなかったけど、主に日陰がすごい人だった。


そして階段でのジェラートが禁止になってるせいか、ジェラート屋さんが意外と少なくて、暑さで仕方無しに入ったジェラート屋さんで2フレーバー注文したら驚きの12ユーロ。おいしかったけど、ボリすぎ!

でかいけどさあ・・・

イタリア最後の昼食

11時30分、添乗員さんいきつけのトラットリアに行ってみたら、日曜日でお休み。その次におすすめのお店は12時30分からの営業。ということで仕方なくその隣にあったリストランテに入る。
前菜の水牛モッツァレラとシーフードのマリネ、サラダをとりわけ、パスタを一人一品ずつ。娘はジェノベーゼ、母はフェットチーネ。おいしかった〜。本当にイタリアは料理に外れがなくてうれしい。
 
 


その後おしゃれ夫妻とおじ様1人がホテル方面に帰るというから、添乗員さんも地下鉄で送り届けてくれるとのことで解散。
帰らないおじ様ともここで別れ、バス停から歩いてくる途中にあったとても素敵な雰囲気の革製品屋さんまで戻ってみることに。しかしいくら歩いても見つからない。暑すぎて幻を見たのかな…

カフェ・グレコ

暑いからカルフール(スーパー)で飲み物でも…と思ったら、その区画だけなぜか停電が起きててお店閉めるっていうから仕方なくスペイン階段方面へ戻る。
高級ブランド通りに老舗のカフェ『カフェ・グレコ』があるっていうのはどのガイドブックにも載っていたので、せっかくだから行ってみることに。

蝶ネクタイしたイケメンがメニューを持ってきてくれた。
ミラノで注文した「Barley coffee」と「Ginseng coffee」は慎重に避け(笑)、アイスカプチーノを。

甘みが上品でおいしかった〜。のんびり飲んでたら、伝票を持ったイケメンが「僕のシフトが終わるから先にお会計いい?」って、インセンティブでもあるのかな?
レトロな雰囲気がとっても素敵なカフェでした。次々にお客さん入ってきてたけど、店内は結構広くて余裕がある感じ。ドルチェもガラスケースに並んでいて、彩り鮮やかで美味しそうだった。
 


スーパーめぐり

ブランドには興味がない母娘、カフェを出たあとは迷わずホテルまでタクシーに乗り、ホテル周辺のスーパーをめぐります。
昨日のCOOPで結構買い物できたから、ほとんど見るだけって感じだったけど、カルフール(セルフサービスの生搾りオレンジジュースがとっても美味だった)と再びのCOOPに行ったあとローマ三越に。大きなデパートかと思ったら、かなり小さいのね。
ヴェネツィアでもいまいち気に入った色味がなかったヴェネツィアンガラスのコップを、ここローマでお買上げ。父へのお土産と母の分。


そのあとイータリー(高すぎて見るだけ)へ行き、SMAへ。
SMAは多分今まで行ったスーパーで一番大きいけど(ミラノのスーパーはスーパーというよコストコのようだった)、日曜日ということもあって棚が空っぽ!バカでかい冷蔵庫が家にあって週末にその冷蔵庫が埋まるくらいまとめ買いするのはアメリカだけじゃないのかね?

イタリア最後の夕食

18時30分にホテルに集合して、添乗員さんいきつけのリストランテ「ZEUS」へ。

前菜2種類とメインの肉・魚をそれぞれみんなでシェアし、パスタは各々。母娘はローマの郷土料理リングイネを選択。ちょっと太めのパスタにたっぷりの海老(娘)と魚介(母)がトマトソースが絡んでおいしかった〜!
ドルチェは最後だからとティラミスを。ミラノで食べたのと比較するとミラノに軍配。でも日本のとは違ってしっかりしたドルチェで幸せでした。





宴もタケナワで…というところで、おしゃれ夫妻の奥様から突然のプレゼント。「お誕生日おめでとう、みんなからです」ってそうです、娘は翌日が誕生日で。まさかのサプライズにびっくり!開けてみるととっても落ち着いて素敵な色合いのイタリアンレザーの名刺入れ。うれしい!名刺入れ年季入ってたから、早速使わせてもらいます!どうもありがとう!!



お店の人にみんなで記念撮影してもらって夕食の会は終了。
この旅行でしか絶対出会えなかったメンバーとこの6日間一緒に旅ができて、とっても幸せでした。


たとえば一人でも気難しい人がいたらちょっと気を使っちゃうけど、そういうこともなくみなさんとても素敵な方々で、今回のツアーは『麗しのイタリア』っていうタイトルがついてたんだけど、麗しというよりとにかく暑くて『灼熱のイタリア』って感じだったけど、最後まで無事にメンバー全員で楽しく過ごせて本当に良かったです。
添乗員さんもテキパキと動いてくださって、何一つ滞ることなくストレスフリーな旅にしてくれました。
途中暑すぎて心が朦朧としたけど、それでも最後まで素敵な経験させていただきました。幸せだった〜!

*1:一応ガイドブックは数冊持って行ってたから、なんとかなると思ってた

*2:なんと添乗員さんがチケットをサービスしてくれた