イタリア旅行7日目~最後までイタリア~

アリベデルチ・イタリア

  • 6時30分、朝食。早朝出発のツアーが多いみたいで、大行列。本来の朝食会場はすぐに満席になり、すぐとなりにあるレストラン?のテーブルも開放される。昨日はなかったカプチーノのテーブルサービスがあった。
  • 7時30分、ローマはフィウミチーノ空港へ向け出発。また40人乗りの大型バスにて。途中、コロッセオが見えた。

  • バスの中で添乗員Sさんの最後の挨拶に拍手喝采。本当にストレスフリーな快適な旅をありがとう。フレンドツアーにリピーターが多い理由がよくわかりました。
  • 8時15分、フィウミチーノ空港着。レオナルド・ダ・ヴィンチ空港とも。ダ・ヴィンチ銅像が出迎え。

  • 荷物は23kgまでしか預けられないとのことで、行きの成田で預けたときすでに娘のスーツケース(大)は16kg、ドキドキしてたらおしゃれ夫妻がハカリを持ってて貸してくれた。21kg。セーフ!
  • 出発の飛行機は11時20分、さすがにホテル出るの早すぎやしない?と思ってたんだけど、私たちの後ろにフィンエアーの他の便に乗る人たちも荷預けでものすごい行列が。しかもグランドスタッフはイタリア人のお仕事ですから、いつ自分の番が来るかなんてわかりゃせん。早め早めの行動は得にしかならないっていうのはイタリアでは結構感じたなあ。

出発までの過ごし方

  • ヘルシンキ行きの飛行機までかなり時間があったから、免税店などを見てぶらぶら。私はここでスーパーなどでは冬にしか売ってない『Pocket Coffee(ポケットコーヒー)*1』が欲しかったんだけど、免税店の人に聞くと「バールにあるよ」、バールに行くと『Espresso To Go』というポケットコーヒーと同じFerrero社が出してるすごく見かけが似てるものは山積みになってるものの、肝心のポケットコーヒーが見当たらない。ググってポケットコーヒーの画像を見せて「これください」って言ったら「Only winter」の答え。空港では夏でも買えるってネットで見たのにぃいい!
  • 泣く泣くあきらめ*2、Venchi(ベンキ)で最後のジェラートを。チョコ専門店だけあって、チョコ味が濃厚でおいしかったー!
  • ロビーに置いてあるグランドピアノで連弾してる男性が。全然知り合いな風でもなかったし、即興だったのかなあ。ジャズの曲調で、不協和音ぽくも聞こえるんだけどしっかりリズムあっててかっこよかった。

お気遣いいただきまして

  • なんとなく買い物が終わって、搭乗口の近くで座ってたら添乗員のSさんが来て、「お誕生日おめでとう!」とVenchi(ベンキ)のチョコ詰め合わせを…!ミラノに入ったときからSさんはVenchiのチョコはおススメですってずっとおっしゃてたから、食べたかったけどなんとなく高級で手が出なかったからうれしい!!*3「荷物になってごめんね」って、本当にあらゆる面にお気遣いいただいて素晴らしい添乗員さんでした。あえて名前出します、ありがとう清水さん!

最後までイタリア

  • 11時20分、ヘルシンキへ。娘は座った瞬間爆睡。1時間くらいで目覚めると、陸。陸?!もう着いたのかと思ったらなんとまだ離陸していなかった。
  • 16時40分(フィンランド時間)、1時間遅れでヘルシンキ着。英語だったからほとんど聞き取れなかったけど、3都市くらい、乗り継ぎの飛行機はもう出発しました、みたいな放送がかかってた。
  • トランジットは55分。しかも駐機場から成田行きの搭乗口までは端と端!ムーミンショップやマリメッコの前をほぼ競歩で通り過ぎ、歩いてるのか走ってるのかよくわからない状態で息切れしながら到着。トイレに行ったらもう時間。母娘と添乗員Sさん以外は皆さんビジネスクラスだったから、ここでしばしのお別れ。

通路側のJAL国際線エコノミー

  • 17時35分、成田行き定刻通り出発。フィンエアーは36時間前からチェックインできるそうなので、時差含め朝4時半に起きてwebチェックインしてくださった添乗員Sさん。そのおかげで帰りは通路側!行きは前後空いてたから座席を倒すのも倒されるのも気を遣わず済んだけど、帰りは満席。前後に気を使うなぁと思う間もなく、疲れてたから正位置でぐっすり。

ごはんにしゃけ、みそ汁

  • 6月から7月に変わったから、機内誌も機内エンターテインメントも変わってました。夜ご飯は豚のみそ漬けを選択。ドレッシングがオリーブオイル+バルサミコだったのが、アリベデルチイタリア。

  • 行きの飛行機では『塔の上のラプンツェル』を観てたんだけど、帰りはそんな余裕もなく正位置で爆睡。
  • 気づいたら朝ごはんが出されていた。

  • 今回の旅行中、全く日本食が恋しくならなかったのはツアーについてた食事も自由食で行ったレストランも、どこもとってもおいしかったからでしょう。料理の満足度=ツアーの満足度でもあるわけで、本当にはずれが一つもない素晴らしいツアーでした。フレンドツアーにして本当によかった!*4
  • 日本時間翌日の8時55分、9時間も乗ってたとは思えないほどあっという間に成田着。各々荷物を受け取って(帰りも無事ロストバゲージなし)、本当にさようなら。おじ様が去り、おしゃれ夫妻が去り、おじ様が去り…。本当にメンバーに恵まれたツアーでした。最後に添乗員Sさんとハグしてお別れ。また会いましょうね!って最後までとびきり明るいSさんでした。楽しい旅をありがとう!

*1:チョコの中にエスプレッソソースが入ってて食べるとジュワっと苦くておいしいらしい

*2:Espresso To Goはエスプレッソソースを吸って飲むお菓子だったから買わなかった

*3:さっきジェラート食べたときなんとなくチョコ類の値段も見てたけど、チョコとは思えない値段でびっくりしてた

*4:実はフレンドツアーを申し込む前イタリア弾丸縦断ツアー(ミラノ~アルベロベッロ)のトラピックスに一瞬申し込んだんだけど、そっちだったら間違いなく途中リタイアしてたな