イタリア旅行総括その3~雑感・2か月経って思うこと~

ああ、行ってよかったイタリア

阪神航空フレンドツアーの「麗しのイタリア」から帰ってきて早2か月、このブログも1日30~80PVほど見ていただいているようであります。
アフィリエイト?やりかたがわからないのでやりません(笑)


実際の旅行は6月25日から7月2日まででしたが、予約したのは前の年の12月末。
本当に行きたかったのは6月12日からだったんだけど、人数が少なすぎて催行中止になっちゃって代替案として阪神航空さんから提案されたのがこの日程でした。

最少催行人員が10人以上だったから、果たしてどれだけのツアーになるのかとドキドキしていたけど、ふたを開けるとなんと6人。
この旅行は人に恵まれたおかげで満足度200%の旅になったなあと思います。
良くも悪くも、少なければ少ないで密度が濃いから、もしいつもちょっと気を使わないといけない人がいたりするとそれだけでストレスだけど、おしゃれ夫妻もおじさまお二方も本当に気さくな方々で、ベテラン添乗員さんにはおおらかだけど緻密な心遣いををいただいて、どれだけ疲れていても毎日笑顔でおはようとおやすみなさいが言えたのでした。

ツアー代金が代金なものですから、ホテルやレストランの内容も当然満足できるものでした。
それでも「さすが本場のイタリア料理は違うねえ!」とは別に思わず、何の違和感もなく食べてたってことは日本で食べるイタリア料理もかなりおいしいってことなんだなあと実感したりして。
だけど見るものすべて、出会う人すべて(含むスリ)、本当に刺激的で素敵でした。今でも特にヴェネツィアのリアルト橋を見つけた時の景色は忘れられない。(なぜかリアルト橋から見た景色ではなくて、たまたま散歩してたら見つけた「リアルト橋」の全景)

ミラノから入ってヴェネツィアフィレンツェ、ローマと初めてのイタリア旅行にはうってつけの主要4都市だけを廻れたのは、結果的によかったです。
本当はミラノ~ヴェネツィアフィレンツェ~ローマ~ナポリアルベロベッロまで行くツアーも検討していたんだけど、これ以上の過密日程だったら…と思うとこのコースを選んで正解でした。
フレンドツアーの売り「体力の負担が少ない」のはたぶん本当で、それでも慣れない海外旅行でとっても疲れたけど、バスから歩いてすぐ名所!車降りたらすぐ名所!みたいな超効率的なツアーだったのもありがたかったです。


熱波の時期で本当に暑かったけど、それでもいい思い出しかないイタリア。なんだかまとめにはなっていないけど、また行けたらいいなあ。

さ~て、次回の母娘旅は?

12月に神戸、2月には台湾を予定しています。
神戸は25周年のルミナリエを観に。台湾は今年の5月に令和記念で飛行機がバカ安だったので衝動的にとりました。
このブログでは台湾旅行のことを書けたらいいなあと思っています。

台湾は、3回にしてすべて(と言ってもホテルと飛行機だけだけど)の手配を自分でしました。まあ旅行代理店が苦しいっていうのがわかる気がします。慣れていれば、通さないほうが半額以下で行けちゃうんだもの。
前回は台北駅目の前のパレデシンに泊まったんだけど(HISでダイナミックパッケージを取った)、今回は口コミ評価がやたらと良いサンワン・レジデンス台北に宿泊する予定です。また旅行の準備から旅行記、振り返りなどをまとめられたらと思うのでよろしければ覗きに来てくださいね。



というわけで、イタリア旅行記はこれで一旦終わりにします。
本当はお土産についても1本記事を書くつもりでいたんだけど、変なものといえば見た目がかわいいからって何なのかよくわからないまま買ってあけてみたらただの「瓶の蓋」だったっていうのがちょっとした笑い話になるくらいで、あとは王道のバルサミコと水で戻すリゾットとかわいい形したパスタをばらまき用に買ったのと、チョコレートとビールは関税やら溶ける心配があったので日本でカタログ通販したくらいです。
f:id:musume30haha60:20190707223721j:plain:h250



どういう経緯でたどり着いていただいたのかわかりませんが、何かのお役に立てたなら幸いです。


30代娘と60代母