日本航空 成田-ヘルシンキ エコノミークラスを振り返る

いまさらながら、JAL国際線 成田ヘルシンキ

Googleドライブを見ていたら、今年6月のイタリア旅行で結構載せてない写真がたくさん出てきたので、もったいぶらずに(?)公開してみることにしました。
行きのミラノまではヘルシンキ乗り換え。
帰りのローマからもヘルシンキ乗り換え。往復乗りました。


2019年6月、この日は成田空港第2ターミナルの65番ゲートより。

座席の広さ

エコノミークラス利用。ツアーで参加したんだけど、並び席を確約されていなくて事前チェックインしたら2-4-2の4部分の△▲▲△しか空いてなくて撃沈。プレミアムエコノミーへの当日アップグレードも考えたんだけど空いてなくて、苦行だ!と覚悟して乗ったのだけど・・・

娘165cm、前との間隔はさることながら、横が広い!広いぞJAL
両隣の人の足が見えてるけど、かなり余裕がありました。(ちなみに母162cmは左、母娘二人とも肥満体だけど、ゆとりがありました)

個人ディスプレイ

コンテンツ豊富で非常に良かった。「塔の上のラプンツェル」を見て、音楽をずっと聴いてました。USBとAC電源付き。

食事

離陸してすぐにドリンクサービス。


この小さいおせんべいみたいのがおいしかった。

つづいて食事。


鶏肉の三食丼をメインに、カボチャのサラダ、茄子の煮びたし(だったかな)、生野菜サラダ、ドルチェ。
温かいものはちゃんと温かく、冷たいものは冷たく。どれもおいしかった。
そのうち詳しく書くだろうけど娘はわけあって機内食にかなり懐疑的で、あまり口にすることはしないんだけどこれはパクパク進みました。

ついでデザート。


ハーゲンダッツ!エコノミーなのにうれしい~。

アモス

到着1時間くらい前?に出てきたのがモスバーガー

どうして包み紙取ったあとの写真がない・・・
バンズと野菜とパンがあって、自分でバーガーを作って食べる形式。娘は飲まなかったけど機内でビールを飲んでた母にはポテコも好評。

機内環境

夏だったので、機内は寒いかと思ってたけど快適でした。湿度も完璧。乾燥覚悟で目薬やらマスクやら持ち込んでいたけど、一度も使わず。
トイレに歯ブラシが置いてあったのもうれしかったです。

結論:絶対おすすめ、快適すぎるエコノミークラス

日本航空国際線の長距離便、出発前から良い評判しか聞いてなかったけど、実際に乗って見たら想像以上に快適でした。

座席のゆとりはもちろん、飛行機でありがちな目・鼻・口が乾燥するということもなく、10時間のフライトもあっという間に感じました。サービスも言うことなし。
日系だからか、旅客は圧倒的に日本人が多いので、機内がうるさいとか汚いということもなくて安心してフライトできました。
大柄な男性でも十分くつろげると思います(実際そのくらい横幅がある娘が絶賛していますし!)

飛行機をただの移動手段ととらえるか、旅行の一部としてとらえるかでずいぶん評価も違ってくるだろうけど、母娘の短い旅行では後者なので、もしフライトに快適性を求める方で選択肢にJALが挙がっているなら、絶対おすすめします!

次に欧州に行くときも絶対JALにする!!!と意気込んだほど。(それはかなわないのだけど・・・)
イタリア旅行の満足度が高かった理由の一つに使用航空会社がJALだったっていうのも大きかったと今では思っています。